住宅リフォームの基本は外壁塗装

ニュース

2014/10/06
窓ガラスでエコとは。を更新しました
2014/10/06
トイレリフォームとはを更新しました
2014/10/06
介護リフォームについてを更新しました
2014/10/06
リフォーム業者とはを更新しました
2014/03/27
変化する家を更新しました
2014/03/27
美しい外観を更新しました
2014/10/06
キッチンとはを更新しました
2014/10/06
フローリングワックスとはを更新しました
2014/10/06
住宅の浴室についてを更新しました

憧れの一軒家

sumutokoro

一軒家というのは、多くの人が持つ憧れの住宅です。
注文住宅であれば、自分の理想の家を自由に作る事ができます。
そのため、多くの人がいつかは夢の一軒家を購入しようとお金を貯めているものです。
また、一軒家は建物だけでなく土地も購入する事になります。
つまり、建物の資産価値が老朽化などで低くなっても土地の価値は残り、資産として持つ事ができます。

家族環境に合わせて

憧れの一軒家を購入する場合、購入時点での家族環境に適した家を購入するのが一般的です。
しかし、10年や20年と長く住む事により、購入時とは家族環境が大きく変化することになります。
また、新築で購入した場合でも数十年と過ぎれば老朽化してしまいます。
こういった場合、一戸建てであれば手軽にリフォームをする事が可能です。
マンションの場合は、勝手な増改築リフォームは出来ませんが、一軒家であれば自由に改築ができます。

気になる外観

住宅の印象を決めるのは、外壁塗装などの外観です。
エクステリアが美しい場合、全体的な家の印象が美しくなり魅力的な家となります。
そのため、美しい家を維持するためには、定期的に外壁塗装などを行う必要があります。
どれだけ魅力的な家であっても、外壁に傷やよごれなどがあれば魅力は半減します。
素敵な家を維持するためにも、気になる部分は都度修理していく必要があります。

購入のタイミング

jyuutaku

住宅を購入する場合は、ローンを組んで購入するのが一般的です。
20年から30年程度のローンが多いため、返済計画は綿密に立てる必要があります。
もし、30歳で新築を購入し、30年のローンを組んだ場合には完済時には築30年という状態です。
30年も過ぎれば、不便な場所や修繕すべき場所などもでてくるため、リフォームを意識する時期になります。
ローンを組んで住宅を購入する場合には、いつ頃に修繕や改築が必要になるかを考える必要があります。


話題のサイト

注目のRC住宅に住みたいなら:RC住宅のための優良建築会社リスト【東京23区版】